黒飴スイーツ、那智勝浦グルメなら那智ねぼけ堂 店舗のご案内

黒飴スイーツ・那智勝浦グルメ 那智ねぼけ堂

創業嘉平元年 「元祖 黒飴の里」那智ねぼけ堂

那智ねぼけ堂

電話・FAX番号 TEL:0735-55-0031
FAX:0735-55-0559
営業日 8:15〜17:00(年中無休)
※インターネットでのご注文は24時間受け付けております。
駐車場 乗用車 100台・バス15台
お手洗い 男性用13ヵ所・女性用11ヵ所・身障者用(車椅子)2ヵ所
※お手洗いをはじめ、ねぼけ堂はバリアフリーに対応した施設となっております。

 

ねぼけ堂の理念

那智ねぼけ堂 経営理念

那智の名水で厳しい技と伝統をささえる御菓子の殿堂「ねぼけ堂」のひろびろとした店内には、お客様に銘菓が生まれる製造工程を見学していただけるコーナーをご用意。くじらの町太地より「くじら製品」をはじめとする海産物・かまぼこ・てんぷら・民芸品、紀州特産みかん、梅干しなども色々取り揃えております。

食の安全性を最も重視し、お土産に安心してお使いいただけるように、全従業員おもてなしの心でご接待、製造させていただいております。

皆様方のお立ち寄りを心からお待ち申し上げます。 店主・全従業員一同

ねぼけ堂の由来

ねぼけ堂の由来

…と詠んだ狂歌の名人「大田 南畝(おおた なんぽ)」にちなみます。江戸幕府に仕えながら別名「蜀山人寝惚堂」を号し、徳が高く人々から慕われると共に、茶菓を好むことでも有名でした。

その蜀山人の発案から約百年後、嘉永元(1849)年、「杉谷伊八郎」が暖簾に「ねぼけ」と書いて、大阪国津橋(西区川口町付近)にて、煎餅を売り出したのが「ねぼけ堂」の起こりです。

アクセス[地図]


大きな地図で見る

 

・那智の滝まで車で5分

・熊野古道大門坂・夫婦杉まで徒歩5分


CopyRight(C)黒飴スイーツ・那智勝浦グルメ 那智ねぼけ堂 All rights reserved Since 2013